しばらく英語で文章を書いていなかったせいか、論文がなかなか先に進まない。

熱力学の講義、終了。今年は急いだつもりだが、結局、理論の枠組みだけで、応用には踏み込めず。板書で講義すると、書くのが遅くてなかなか先に進まないのが問題。

ようやく、論文を書く時間がとれるようになってきた。今日は、タウマチン論文の図の整備。

先週の講義のレポートを受け取った。どうも、内容は難しすぎたようだ。それなりに、ポジティブな感想もあったが、一人だけすごくネガティブな感想もあった。ただ、主張としては、うなずける面もある。反論したい気持ちもあるが。

学会の予稿を送る。しかし、見切り発車で講演を申し込んだので、予稿もあまり詳細に踏み込めず、情報の乏しいものとなってしまった。

徐々に研究を再開できる状況になってきた。そういえば、ここ1ヶ月ほど論文を書くのが完全にストップしてた。

申請していた助成金の不採択の通知がくる。これで、今年は0勝2敗。まあ、仕方ない。

本日の講義。今週も、自分としてはまずまずのつもりだが、反応は残念ながらよくなかった。

堀君が来訪。久しぶりにタンパク質結晶についての雑談をする。早く、論文を仕上げないといけない。やはり、日常的に誰かと議論していないと、モチベーションを維持するのが難しい面もある。

どうもやる気が起きず、仕事が進まない。特に講義の準備は精神的にきつい。集中力は全くないが、とにかく机の前にすわって作業をしている。

本日の講義、自分としてはあんなものだと思うが、反応は今ひとつだった。ちょっと的を外していたかもしれない。

今週は、色々あって、まだ全く研究出来ていない。相当にストレスがたまってきたように思う。

日帰りで東京に行ってきた。

数値計算をしてみようと、やく一年ぶりにlinuxマシンを起動した。簡単なMCシミュレーションのプログラムを走らせてみたら、とりあえず正常に動いた。

先日加熱したサンプルをAFMで観察してみたら、(100)だと思っていたサンプルは(111)だったことが判明した。ちょっと、計画が狂う。

シリコンの表面は疎水だったのを、逆に親水性だと勘違いして大失敗した。夕方から、新しいサンプルで処理をやり直して、加熱してみるとSiの凝集が起こり、ひとつは問題が解決した。

Si凝集の実験は、非常に混乱してきた。試料の詳細をよく把握できていないのが問題。基礎的なデータを積み上げないといけないようだ。

助成金をもう一件申請しておきたいとこだが、今一つ気が乗らない。が、当る確率を考えると、やはり申請しておかないとまずい。

実験の方は、二つの新テーマを、こつこつとやってはいるが、今のところぱっとしない。

とりあえず、秋の学会に2件申し込むことになった。1件は既に申し込んだけど、完全な見切り発車。それから、11月の国際会議にも1件出す方向で調整中。こちらは岡野君に頼んだ。

月末にもう一件助成金を申請するつもりだが、時間的にぎりぎり。

昨日出来た7種類目のサンプルを顕微鏡とAFMで観察。温度の効果がはっきりと確認できたので安心する。何とか学会に申し込めそうな感じ。

夜は、歓迎会ということで、飲みに行く。

アニール条件を変えて6種類サンプルを作った。6種類目で、ようやく期待しているものに近づいてきた。

今日からシリコン凝集の実験を始める。残念ながら今日作ったサンプルでは期待していた効果が見えず。温度が高すぎたようだ。

疲れのピークがやってきた。雑用がたまってきたので、そろそろ処理していかないといけないのだが、疲れたので今日は見送った。

厳しい日々が続いて疲れてきたが、申請書が一つ片付いたので、ちょっと楽になった。

科研費がはずれたので、今年の連休は助成金の申請書を書き続けないといけない。ろくな文章が書けないので、申請書一つ書くのも相当に時間を要してしまう。

熱力学の講義は今日で3回目が終了。ペースとしてはだいたい予定通りだけど、丁寧に分かりやすく議論しようとして、話しがくどくなってきた気がする。

岡野君のおかげで、STM高温観察で色々な事が実験できそうな感じになってきた。もうSTO表面のテーマは集束に向かわせる予定だったけど、色々出来るので書けそうな論文を書いて終わろうかと思う。10年前だと結構すごい実験だと思うが、現在では地味だといわ…