レート方程式

Si(111)微斜面に1層以下のCaF2をステップフロー成長させた時の成長様式をSTMを使って調べていて、現在実験結果についての考察をしているところだ。修士のM君が、レート方程式で成長様式の変化を説明するというアイデアを持ってきて、現在それに取り組んでいるということは以前の日記にも書いたと思う。で、色々思考錯誤してレート方程式をつくり、実際に数値計算を試験的に行った結果を見せてもらった。やはり、一筋縄ではいかない。いくつか難しいところが出てきた。今やりたいのは、ステップを1次元表面と考え、そこでの多層成長をレート方程式で記述することだ。M君からこういうアイデアが出てきたことは本当に喜ばしいことで、彼は随分成長したと思う。しかし、このアイデアを具現化するには、いくつかの新しいアイデアを出さないといけない。ここまで来たのだから、是非とも何とかしたいので、M君から聞いた問題点について考えるつもりだ。