V.B.Shenoy

Brown UniversityにV.B.Shenoyという研究者がいるが、どうもぼくと研究の趣味が似ているみたいだ。彼は理論家で、以前ぼくが発表したSi(113)表面のステップバンチングの実験結果を引用してくれたりもしている。先週、ぼくがこれから研究テーマにしようとしている事について文献検索をしていたら、去年のPRLに掲載されていたShenoyの論文が引っかかってきた。この論文。全く同じテーマでないのでよかった。というか、逆に参考になりそうな感じもする。自分と同じような趣味の研究者が見つかって、良いのか悪いのか知らないが何となくほっとしてます。まあ、Shenoyの方がぼくより随分先を歩いていることは間違いないけど。