研究の経験を積むこと

ぼくみたいな凡人が少しでも優れた研究をしようとするなら、経験を蓄積することは重要である。物理的な知見を蓄積するだけでなく、様々なノウハウ的なものを蓄積していくことも大事である。修士の研究でも、1年くらい経験を積むためにいろんな事をやって、ようやく少しは研究らしい研究が出来るようになってくる。そう考えると、何か新しい研究テーマを立ち上げるときも、あまり今の研究とかけ離れたテーマを選ぶのは得策ではない。今まで蓄積してきた資産がある程度は生かせないと、結局ろくな研究はできない。かと言って、あんまり、今のテーマと変わらないものばかり選ぶのも問題だが。