誰も観察した事がないものを観察してみる、みたいな感じの研究はオリジナリティーがあって優れた研究の典型みたいに思われるかもしれない。確かにそうだけど、とりあえず観察してみました、みたいな感じの論文をゲリラ的に書いた後、すぐに撤退しているケースも多くみられる。単に最初に観察したら良いというのなら、ものすごく珍しい分子をアルドリッチのカタログから探してきてSTM観察してみたら良いのだろう。本当の新規性とは、初めて観るということよりも、観察結果から新しい物理的概念や描像を最初に提案することにあると思う。