休日ではあるが、火曜日に講義があるからその準備をする。界面の熱力学の話をしようと思うのだが、長い間、こういう基本的な事は考えていなかったので、かなり忘れている。ランダウ・リフシッツの統計物理学の下巻とグライナーの熱力学・統計力学あたりを読みながら、話をまとめているが、これが結構勉強になる。ちなみに、グライナーの教科書は熱力学の具体的な応用の話も書いてあり、実験系の人が熱力学を勉強するのに良い本だと思う。