4年生の山本君と堀君は卒論に向けてUHV-STMとAFMの修業中である。実験は、スポーツみたいなもので、まずは回数をこなして体で覚えなければならない。二人ともだいぶ慣れてきたみたいだが、後は、実験が楽しいと思えるようになってくると良いのだが。