STMナノ加工

というのは、物理現象を調べるてめの手段として最も意味があるのかもしれない。一宮先生らが、こういう位置づけで先駆的な研究をされている。デバイス作成への応用はどう考えてみても現実的ではないと思うのだが、どうなんだろう。