ネイチャー論文の取り下げのニュースなんかを聞くと、正確で信頼できる論文を発表することの大切さを改めて感じる。当たり前のことなんだけど。しかし、最近は、多くの場合、論文数で業績評価されるため、論文発表を急いで、内容の検証を疎かにしがちである。大学院生に対しても、「論文を沢山書け」という教育はしていても、再現性を確認することや、論理の検証を十分に行うこと等、「信頼できる論文」を書くためのプロセスについては、あまり教育がなされていないと思う。まず、こうした基本的な研究に対する考え方や姿勢が身についたうえでの、論文数による業績評価なのであって、そこを勘違いしてはいけない。

と、つい偉そうなことを書いてしまったのだが、自分の論文の中にもかなりいい加減なものがあることは認めざるを得ない。それに、昨日再投稿したトレンチの論文にしても、かなり投稿までに時間をかけて慎重であったつもりなのだが、レフェリーに的を得た指摘をされた訳で、詰めが甘いという他ない。