先週、訳あって論文誌のインパクトファクターを調べていたのだが、ぼくが最近よく投稿している雑誌は、だいたい値が2そこそこと、結構低い。業績評価に使われたりするから、これはまずいなぁと思い、インパクトファクターの高い雑誌に論文を載せるにはどうしたらよいのかしばらく考えこんでしまった。しかし、こんな本末転倒な話はない。インパクトファクターの高い雑誌への投稿を考えて研究テーマが左右されてしまうなんていうことは、全く馬鹿げたことで、こんなやり方でよい研究成果が生まれるはずがない。そういう事はだいたい分かっていたつもりなのだが、ふと気づくとこういう事を考えていたわけで、我ながら恐ろしい。