CaF2論文

まだほとんど進展していない2月の課題である宮里君のCaF2論文だが、実験結果の考察の方針が固まりつつある。前作(宮田論文)と同様の計算で定性的な傾向が説明できるような気がする。