CaF2論文

ステップフロー成長を1次元表面における成長と考えて、2層目の核形成率の被覆率依存性を導出した。後は、パラメーターを決めて数値計算をすればよい。予想ではこれで実験結果が説明できるはずなのだが、もしうまく説明できなかったら振り出しにもどることになる。