STO表面の実験

試料の脱ガスのために400℃くらいで4時間加熱してから、STMで表面を観察してみた。特別に加工してもらった0.3度傾斜の基板は、ねらい通りの感じであった。まずは試しに620℃で加熱した時の構造変化を観察してみることにした。明日から実験を本格的に始動するつもり。