修論発表会

修論発表会が無事に終わり、ほっとしているところ。3人とも、よい発表だったと思う。
3人とも、2年間に渡る修士課程でのぼくの研究指導に対しては、色々と不満もあったことは十分承知している。今思うと、当初思い描いていた方向とは随分違った方向に研究が進んでいったなぁという感じもする。ぼくの能力不足により先の読みを誤った部分があることは、勿論認めている。しかし、右へ左へその時の状況に応じて方向修正しながら進んでいくというのが研究活動でもある。一番大事だと思うのは、方向修正をしながらも、大きな目的意識がぶれないことだろう。もっと、この大きな目的意識を共有できるようにコミュニケーションを取る必要があったと思う。