M2の3人が研究室に居るのも残り僅かである。その間に、色々やっておかないといけない。

森影君からは、CRNモンテカルロののソースコードをもらって、使用法など説明してもらわないといけない。現状では、まだ論文に出来ないので、4月以降もSiナノ結晶の計算を続けて、信頼できる結果を出したい。

宮里君には、現在執筆中の論文で使う図の準備を頼まないといけない。また、学会発表のスライドも宮里君が研究室に来ている間に完成させるつもり。

後藤君は、昨日の発表でも色々と興味深いデータを示していた。幸い、彼は4月以降も阪大内にいるので、分からないことがあったら直接聞ける。ただ、今後どういう形で論文にして行くかについては、まだ決まっていない。

うーん、予定では彼らが在籍している間に成果をまとめて論文にするのが目標だったが、結局は後藤君の論文1本だけになってしまった。それが非常に心残りである。