淡路島にて

懇親会が終わって、後は寝るだけ。阿南君の発表も無事に終わった。化学・生物の発表を一日聞いたのだけど、やはり専門用語が理解できない。そういう状況で発表を聞いていたので、ものすごく疲れた。でも、これからたんぱく質結晶の研究をやる上では、よい勉強にもなった。特に、物理系の研究と比べて、研究の進め方の違いがよく分かった。
阿南君は徹夜で発表の準備をして、発表ではかなり緊張してたみたいで、疲れ果てた様子である。でも、これからこういう機会が度々あると思うので、早い時期にこういう体験ができて良かったと思う。