STO表面

山本君の実験データを見ながら、今後の方針について議論する。課題の一つは、穴が崩壊する過程での、底のファセットの面積の時間スケーリングを調べることである。これを遂行するには、結構深い穴を開けて実験する必要がある。