読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

実験

1次元格子パターンを2分間フラッシングした試料を取り出して、光学顕微鏡で観察してみたら、周期が1ミクロン以下の格子はほとんど消失していた。思いのほか、変形は進んでいた。

新らたな試料を真空チャンバーに導入した。今回は、約0.5ミクロンの高さの円柱の2次元格子である。