STM

STMの方は、秋から装置が故障したが、山本君が前半にデータを大量に蓄積していたので、順調に研究が進んだ。山本君は、論文第1弾が無事にアクセプトされ、第2弾も順調に進んでいる。来年は、第2弾が終わってからの展開をどうするかを考えないといけない。

自分でやっているSi格子構造の緩和のSTM観察は、もうちょっと進めたかったが、時間がとれなかった。。。