ベキロフの論文を参考にしつつ、タウマチン論文の作業を開始。書き始めると、すぐに方針が見えてきた。