卒論発表もあっけなく終わる。午後は、何となく虚脱感があったが、夕方になって気分をきりかえて実験の準備をする。先日思いついた申請計画の実現可能性を確かめるのが目的。下手すれば絵に描いた餅になりそうなので。