山本君は、無事に渡米出来ることになり本当に良かった。後は、ぼくが、STO論文の2本目を仕上げれば、山本君との研究はよい形で終結できるはず。