読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポアッソン括弧

今日は、解析力学の講義でポアッソン括弧の話しをしました。さて、このポアッソン括弧、物理の話しだと思って解説を聞いていると、一体何がやりたいんだろうという気持ちになってきます。ぼくが学生の頃に解析力学を勉強したときは、ポアッソン括弧あたりで脱落してしまい、解析力学への興味もすっかり失ってしまいました。

 

なぜ解析力学にポアッソン括弧が登場するのかというと、ポアッソン括弧という演算を定義しておくと、計算が簡単になったり、計算の見通しが立ちやすくなるということであって、物理として特に新しい概念が導入されるわけではありません。誤解を恐れずにいうと、要はポアッソン括弧は数学の話しなわけです

 

大学の物理の講義では、特に解析力学がそうですが、しばしば物理理論で必要となる数学の話題が出てきます。これはぼくの個人的見解ですが、多くの学生さんは、物理を学んでいるとき、頭の中が物理と数学でごっちゃになっているような気がします。そして、これが物理の理解を妨げる一つの要因だと思っています。物理を勉強している学生さんへのアドバイスですが、今自分が勉強している内容が、物理なのか数学なのかを意識しながら勉強してみて下さい。そうすると、かなり頭の中が整理できますので。